• ホーム
  • 不眠症や偏頭痛は全てストレスが関係している

不眠症や偏頭痛は全てストレスが関係している

現代は情報化社会です。
各メディアからは大量の映像や音楽、知識が目や耳から入ってきます。
これ等の多くは断片的である為にそれだけでは意味をなさないものも多く含まれています。
自分にとって不要な情報等を除外するという作業を無意識の内にしなければならない状況です。
この様な大量の情報が溢れた環境はパソコンやモバイルツールの普及により急速に広がり続けています。
そして人間関係は複雑になり、何かとストレスが生じやすくなります。

ストレスは職場や家庭等のあらゆる場所に存在します。
ストレスが溜まった状態で長期間生活していると、心身共に様々な影響を受け、日常の生活にも大きな影響を及ぼす場合があります。
中でもストレスによる不眠症は多くの人が悩む症状の1つです。
不安な事や心配な事があり、なかなか寝付けない事は誰にでもあります。
しかし眠れない事自体に恐怖を感じるのは不眠症と考えられます。

ストレスは交感神経と副交感神経のバランスを崩して自律神経を乱れさせます。
交感神経が優位になり、心身は過敏な状態になります。
睡眠時間は長ければ良いというものではなく、質が問題となります。
神経が高ぶった状態では眠りが浅くなり、すぐに目が覚めてしまう状態です。
この様な質の悪い睡眠は翌日まで疲労感が残ります。

レム睡眠とノンレム睡眠を90分ごとにくり返す質の良い睡眠である必要があります。
そしてストレスが頭痛を引き起こす場合もあります。
中でも頭の片側に痛みを感じる偏頭痛は緊張感や焦りを強く感じる状況が長く続く事で生じます。
音や光に敏感になり吐き気を伴う場合もあります。

不眠症と偏頭痛の両方を患う人も多く、これ等の症状が原因で仕事中のミスをくり返す事で自信を失う人もいます。
不眠症や偏頭痛はストレスとの関係が深く、軽視してはいけない問題です。
心と身体のバランスを崩す事でうつ病等の心の病を患う人もいます。
症状が酷くならない内に何らかの対策を講じる必要があります。

ストレスを溜めない性格が1番良い薬になります

ストレス耐性はその人の性格が大きく影響します。
真面目で几帳面な性格や完璧主義の性格の人は些細な事でストレスを感じやすいという特徴があります。
気が付かない内に多くのストレスを溜め込んでいる可能性があります。

不眠症や偏頭痛に悩んでいる人の中には実績や結果にこだわる仕事熱心な人も多いです。
この様な自分の性格を知り、積極的に改善する事で症状を緩和させる事が期待できます。
ストレス耐性が高い人は考えすぎない人が多いです。
ストレスに対して正面から対処せず、上手くかわしてしまいます。
ストレスを溜めない為には、考えすぎない性格になる事が必要です。

しかし自分の感情を思い通りにコントロールできる人ばかりではないです。
気が付いていても、長期間考えすぎない性格を会得できずにいる人もいます。
ストレスによる様々な諸症状を解消するには専門医による治療を受けるのも良い方法です。
心療内科や精神科では薬物療法による治療を受ける事ができます。
抗うつ薬や向精神薬、睡眠薬等を利用して個々に応じた治療をしてくれます。
不眠症や偏頭痛以外にも不定愁訴等の症状がある人は各種心理療法を受ける場合もあります。

更に臨床心理士によるカウンセリングも高い治療効果が期待できます。
ストレスによる問題はできるだけ早い対処をする事で社会復帰までの期間も短縮されます。
回復には家族等の周囲の人の協力と理解が不可欠です。
まずは話合いの場を作り、ストレスについて意見交換をしてみるのも有意義です。
相談する人が身近にいない人は口コミサイトを利用してみるのも良い方法です。
不眠症や偏頭痛等の症状に悩んでいる人のストレスとの付き合い方や問題に対する解決方法についての口コミが参考になります。