• ホーム
  • 逆流性食道炎に有効な市販薬といえば?

逆流性食道炎に有効な市販薬といえば?

むねやけやむかつきなどの不快感がある逆流性食道炎は、長く患うことで辛い思いをします。
症状が悪化するとストレスに感じることで悪化することもあります。
逆流性食道炎の原因は胃酸の逆流などがあります。
食道ではなく胃の働きを改善することで症状が改善されます。
そのため医療機関を受診する時間がない時などは胃に働きかける市販薬を使うことで症状を緩和することができます。

逆流性食道炎で起こっている食道の炎症を直接改善する効果のある市販薬はありません。
ただし、逆流性食道炎の原因となる胃酸の逆流を抑える効果が期待できる市販薬がいくつかあります。
胃酸の逆流は胃の働きが正常でないことで発生します。
胃酸の分泌を正常化することで逆流する量を減らすことが期待できます。

食道には少量の胃酸の逆流は常に発生しています。
食道がすぐに胃酸を戻すことで炎症を起こさないように対応することができます。
その量が過度になり処理しきれなくなることが逆流性食道炎を引き起こす原因です。
そのため逆流する胃酸の量を減らすことはとても重要になります。
特に食べ過ぎた時や飲み過ぎたことによって胃への負担が増大する時には体の働きだけでは処理できない場合もあるので市販薬を使うことも大切です。

流通している市販薬には、胃の働きを正常にして刺激から胃を守る働きがあるものや胃酸の分泌を促す受容体の働きを抑える働きを持つものがあります。
特に胃の働きを正常化する薬や食品は多く発売されています。
野菜の中でもキャベツには胃酸を抑える効果があるとされています。
生活が乱れて少し胃が疲れていると感じた時には市販薬を使って早めに対応すると逆流性食道炎を未然に防ぐことができます。

また、すでに逆流性食道炎になっている場合でも、悪化させることなく症状を緩和することが期待できます。
胃の働きを正常にする市販薬としてはキャベジンがあります。
そして胃酸の分泌を抑える市販薬としてはガスター10が販売されています。

ガスター10やキャベジンの成分や服用方法について

ガスター10は胃痛、もたれ、胸やけ、むかつきに効果があると言うことで承認を得ている市販薬です。
直接逆流性食道炎に効果があるわけではありませんが、胃酸の出過ぎをコントロールする働きがある成分のファモチジンが10mg含まれています。
胃酸がコントロールされることで逆流するリスクを低減することでできます。
結果として逆流性食道炎を改善することがでます。

ファモチジンはH2ブロッカーと呼ばれる胃酸の分泌を抑制する働きがあります。
胃酸の分泌はH2受容体とヒスタミンが結びつくことで起こります。
その結合をブロックすることで分泌を抑制することができます。

ガスター10は15歳未満の小児や80歳以上の高齢者は服用することができません。
服用方法は1回1錠を胃痛、もたれ、胸やけ、むかつきを感じた時に水かお湯で飲みます。
服用後8時間経っても症状が改善されない場合はもう1錠服用します。
1日の服用回数は2回までとなっています。

キャベジンは胃痛、もたれ、胸やけ、むかつきに効果があるとして承認された市販薬です。
主成分にはメチルメチオニンスルホニウムクロリド15mg含んでいます。
メチルメチオニンスルホニウムクロリドは野菜のキャベツから抽出した成分です。
潰瘍をできにくくする作用が確認されています。
また、胃粘膜の分泌促進作用や胃粘膜の修復作用もあります。
胃の働きを良くすることから逆流性食道炎が起きにくい状態にします。

キャベジンの服用方法は1日3回毎食後に水やお湯で飲みます。
15歳以上の成人は1回2錠、8歳から14歳までの小児は1回1錠となっています。
8歳未満の小児は服用することができません。
ただし、授乳中は服用することで乳児に影響が出ることがあるので注意が必要です。